今すぐ集客力をアップさせる実戦的な方法とは?

ビジネスの集客力をアップさせる方法はどんなものがある?

SNSを使って手軽に情報を発信

優れたサービスや商品を開発したとしても、それだけでは集客は難しいもの。
周りに知ってもらい、そして実際に購入のアクションを起こさせる必要があります。

現代はスマートフォンの普及率が56.8%となっており、ガラケーと呼ばれている従来の携帯電話を合わせると、国民の83.6%が何らかの通信機器を所持しているのが現状です。(「総務省|平成29年版 情報通信白書|情報通信機器の普及状況」より)
そのことを踏まえると、インターネットを用いた集客を無視できません。

だからといって、ただホームページを開設しただけでは他のサービスに埋もれてしまうだけ。実際にホームページやSNSを用いた情報発信は既にさまざまな分野で行われており、ただ後追いをしても無駄な労力で終わってしまうかもしれません。

インターネットでの発信を集客に繋げたいのであれば、「まずは知ってもらうための情報発信」「閲覧して良かったと思わせる情報発信」の2パターンを発信するページづくりが必要。少し難しいと感じるかもしれませんが、それぞれ特性に合ったツールを用いれば簡単に作成と運営が可能です。

そして、いちばんの集客方法は元顧客の呼び戻し。何らかの事情で離れていってしまった人にもう一度サービスを使用してもらうのが、一番の集客に繋がります。そのためには冷静に自分達のサービスを見直す必要と元顧客への声掛けが重要になるでしょう。

このページではビジネスの集客力をアップさせるための方法を3つ紹介しています。

集客力のあるビジネスが実践している3つのポイント

Twitter(ツイッター)、FaceBook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)といったSNSを使えば最新情報を即座に発信できます。 思いついたときに即アップできるメリットがあり、まだ自分たちのサービスを知らない人にも周知してもらえる機会が広がります。

アクセスした人の「知りたい」があるページづくり

インターネットで検索をしていて、「読んで損をした」「答えがどこに書かれているのか分からない」とがっかりした気分になるページに当たった経験はありませんか。 訪問者の「知りたい」があり、さらに「読みたい」をくすぐることのできるホームページづくりを意識しましょう。

いちばんの集客力アップ方法は元顧客の呼び戻し

一度はサービスを利用してもらったのに、そこからリピートに繋がらなかった。 そんな元顧客を逃してはいませんか。 離れていってしまったのは、何らかの理由はあったはず。 サービスが気に入らなかったのか、それとも運営側に問題があったのか。 問題点を改善し、元顧客に対して適切な声かけをしましょう。