いちばんの集客力アップ方法は元顧客の呼び戻し

なぜ離れていってしまったのかを考える

どのビジネスであっても、一度はサービスを利用したにも関わらず、その後のリピートはなかった元顧客がいるはず。
なぜ離れてしまったのかを冷静に見極めてみましょう。

他に安価なビジネスが登場したのであれば、自分のところはこういった強みがあるといったメリットを訴求するべきです。
運営側に何か落ち度があるようならば、改善したポイントを打ち出しましょう。

だいたいの顧客は不満があっても指摘せず、そのまま去ってしまうことがほとんど。
そのため、顧客から寄せられたクレームに目を通すと、元顧客を呼び戻すアイディアが生まれるかもしれません。

もし一度購入したらしばらくは不要なビジネスであっても、待っているだけでは集客のチャンスを逃します。適度にコンタクトを取り、もう一度買うならば同じところでと思わせる工夫が必要です。

元顧客に気持ち良く戻ってきてもらうために

元顧客への呼びかけは慎重に行いましょう。例えばあなたが過去にケーキを購入したとして、とにかく毎日ケーキはどうかと呼びかけられたとしたら、ウンザリしてしまうでしょう。

ケーキならばクリスマスなど需要が高まるときがあるはず。他にも季節のフルーツを使った新商品が登場したときなど、ベストなタイミングがあります。

また、「また買ってください」など直接的な呼びかけもウンザリしてしまう可能性があります。あくまで「お知らせ」といった雰囲気で、元顧客の近況やご機嫌をうかがうイメージで呼びかけを行ってください。

そして、商品ではなく人を登場させるのも効果的。「以前担当をした○○です」といったあいさつや、「また××が楽しい話を聞きたいと言っていました」といった実在の人物と元顧客の関係性を利用すると一気に特別感が増し、気持ち良くリピートしてもらえるかもしれません。


この記事をシェアする